交通事故と弁護士と晴れの日

交通事故と弁護士と晴れの日-ブリッジ・オブ・スパイ-

タクシーにのっているときに家族一家で交通事故にあって、お父さん、お母さん、子供が皆で怪我をすることがあります。
トム・ハンクス主演の話題の映画「ブリッジ・オブ・スパイ」で主演のトム・ハンクスなら「1・1・1(one,one,one)」と言うところです(ソ連とアメリカが冷戦中だった1950年代、ニュー・ヨークのワターズ&コワン&ドノヴァン法律事務所共同経営者で弁護士のジェームズ・ドノヴァン(トム・ハンクス)が、交通事故加害者側保険会社の代理人として、一度に起きた事故で複数人が怪我をした際に、加害者側として、1度で起きた事故だから複数の人が怪我をしてもそれは「一つ」の事故で、3個の事故ではない。そんなことを言ったら、責任が無限になってしまう、と言います)が、交通事故の被害者側からすれば、そんなことは許されず、タクシーに乗っていた家族が全員で怪我をしたのであれば、それは家族で怪我をした人数分も事故です。被害者側からすれば当たりまえのようですが、見方が逆になれば、つまり加害者側から見れば、一つの交通事故と考えるたいのです。

加害者側から見た交通事故

加害者側からすれば、そういった事故の数だけでなく、当然被害者側に払わなければいけない賠償金も安く抑えたいところです。
そうして、実際、現在の交通事故では、加害者側は被害者側に正当な賠償金を支払わないことが多いです。なぜそんなことが起きているかと言うと、被害者は大体が人生で交通事故にあうのなんて1回あるかないかです。つまり前提知識もなく、経験も当然ないのが当たり前です。そのため、自分がもらうべき金額の相場など知る由もないのです。
 一方、加害者側はどうでしょう。加害者側は保険会社が代理で被害者側と交渉するのが通常です。加害者側の保険会社社員は1年中、ものスゴイ数の交通事故事件を加害者側として取り扱い、どうやって賠償金を安くおさえるか熟知し、その経験も豊富です。一般に数十万円や100万円などの金額は多額というか、大金です。そのため被害者側はついお金を十分もらった気になってしまうことがあるのですが、本当にあなたの怪我の怪我に対する慰謝料や逸失利益はその額で正当なのでしょうか。
 裁判所の「交通事故の審理について」や、交通事故被害者側専門弁護士の「交通事故弁護士」などを参考に、一度、その賠償金が正当なのか考える方が良いでしょう。